施設概要

木の香り漂う安らぎの杜をテーマとして、心身ともに安定した生活が送れるよう支援していきます。
入浴や食事、日常訓練などのサービスを提供し、ご利用者様の心身機能の維持・向上そして、ご家族様の身体的・精神的介護負担を軽減することを目的としています。
お問い合わせ、施設見学は、随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。

施設名デイサービスセンター テンダーの杜つだ
所在地茨城県ひたちなか市津田1953-1
TEL029-354-1610
FAX029-354-1611
営業日月曜日 ~ 土曜日
施設の構造木造平屋建、冷暖房完備、水洗トイレ
利用対象 要支援1、要支援2、要介護1~5の認定を受けた方

施設のご紹介

デイサービスセンターテンダーの杜つだ、施設のご紹介です。

【デイルーム(食堂兼機能訓練室)】
食堂とレクリエーションスペースが一体となったデイルーム。広々と開放的で、ふれあいとコミュニケーションあふれる、いきいき空間です。

【和室空間】
和室でゆっくり足を伸ばして、お茶やお食事が楽しめます。布団を敷いてお昼寝もできる、ゆったり、のんびり空間です。

【浴室】
広々としたスペースに一般浴槽、機械浴槽を設け、ご利用者様の身体の状態に適した浴槽でゆったりと入浴を楽しんでいただけます。
一般浴槽は、リハビリを兼ねた安全浴槽で、半身浴もできる当センター独自の工夫によるものです。

【機械浴槽】
機械浴槽は、車イスに座ったまま、ゆったりとリラックスした姿勢でご入浴いただけます。

レジオネラ菌検査について

近年、新聞やテレビなどでレジオネラ症という病気が話題となっております。
この病気を引き起こす原因菌は、レジオネラ属菌というもので、循環式浴槽や、加湿器、冷却塔などの設備の維持管理が不適切な場合、この中でレジオネラ属菌が繁殖し、その飛まつが人の呼吸器系に入り病気を引き起こすものです。
ここ数年、循環式浴槽や加湿器などを感染源とするレジオネラ肺炎での死亡例が報告されており、このような設備における衛生的な維持管理が一層求められているところです。

「ディサービスセンター テンダーの杜つだ」では、定期的に専門機関に検査を依頼しております。
検査結果は前回に引き続き、レジオネラ菌について安全であるという証明書をいただきました。

利用料金表

小規模型通所介護(1日につき)

テンダーの杜つだ(デイ)要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
① 介護保険自己負担額735円868円1,006円1,144円1,281円
② 入浴加算50円50円50円50円50円
③ 介護職員処遇改善加算(Ⅰ)①.②の合計に5.9%加算46円54円62円70円79円
④ 昼食代410円410円410円410円410円

地域区分(7級地)により、①~③の合計に1.014を掛ける。

実費
オムツ代尿取りパット尿取りパット(大)シートタイプはくパンツテープ式タイプ
1枚につき90円110円130円160円210円

小規模型介護予防通所介護(1ヶ月につき)

テンダーの杜つだ(デイ)要支援2要支援1備 考 -  - 
① 介護保険自己負担額1,647円3,377円1ヶ月利用につき -  - 
② 介護職員処遇改善加算(Ⅰ)①に5.9%加算97円199円1ヶ月利用につき -  - 
③ 昼食代410円410円1回利用ごとに -  - 

地域区分(7級地)により、①~②の合計に1.014を掛ける。

実費
オムツ代尿取りパット尿取りパット(大)シートタイプはくパンツテープ式タイプ
1枚につき90円110円130円160円210円

お客さまの声

デイサービスに通うようになり、体力的にも以前に比べるとだいぶ体を動かす事が楽になりました。友達も増え、毎日がとても楽しくなりました。

サービス利用の日は安心して予定が立てられ、心身ともにリフレッシュが出来るため、自宅での介護が続けられています。

送迎に来る職員さんたちも、元気にご挨拶いただけるので、気持ちが良いです。

029-239-5377お問い合わせ